JIA環境建築賞

優秀賞

※ 写真・文章等の転載はご遠慮ください。

港南区総合庁舎

港南区総合庁舎
撮影:小泉アトリエ
港南区総合庁舎
撮影:小泉アトリエ
 
設計者: 小泉 雅生(有限会社 小泉アトリエ/東京都立大学)
荻原 廣高(ARUP/神戸芸術工科大学)
橋田 和弘(ARUP)
建築主: 横浜市
施工者: (1工区)渡辺・見上建設共同企業体
(2工区)鹿島・谷津・中島建設共同企業体
講評:

 都市の中には、予期していない場所に、未利用のエネルギーが眠っていると聞くが、本作品ではまさにその活用を体現したものだといえる。設計チームが着目したのは、地下鉄の湧水である。この敷地の近くに通る地下鉄には、常時1日400tもの湧水が未利用のままお金をかけて排水されていたという。行政・設計者が一体となって、この湧水利用に部局横断的に取り組み、それを空調熱源として利用することで、他の環境技術と組み合わせながらZEB Ready相当を実現している。都市の中に存在する他の未利用エネルギーのことを想像すると、本作品の示唆した可能性は、大きな広がりを持っている。本受賞を通じて、ぜひこのような素晴らしい知見が社会と共有されることを期待している。

  (末光弘和)