JIA環境建築賞

一般建築部門 JIA優秀環境建築選 入選作品

※ 写真・文章等の転載はご遠慮ください。

日本無線先端技術センター

日本無線先端技術センター
撮影:篠澤 裕
日本無線先端技術センター
撮影:篠澤 裕
 
設計者: 河野 信(株式会社日建設計)
西川 昌志(株式会社日建設計)
小澤 諭(株式会社日建設計)
建築主: 日本無線株式会社
施工者: 大成建設株式会社
講評:

 長野市にある通信機器メーカーの研究所である。ボリュームは立方体に近い建築であるが、ポーラスで不均質な環境を実現している。四周に張り出した避難動線兼バルコニーは、無線の屋外実験用でありながら適度に日射を遮る庇としての機能を併せ持っている。また中央のスパイラルオープン階段が、光と風の通り道であり建物全体をワンルーム空間としつつ、外観と同じような襞状の内部空間を作っている。平面は7.2mグリッドの柱と分散化されたコアプランは合理性を持ちつつ、廉価版のダクト接続型パッケージ室内機を使いながら、天井のアルミパンチグメタルの穴の開口率によって、空気の対流と輻射の効果を場に合わせて緩やかにコントロールしようとしている。意匠と環境と機能性を両立した建築は、優秀環境建築選にふさわしいと高く評価された。

  (小堀 哲夫)